不可能を可能に、可能を容易に、容易を優雅に

教育スタッフ紹介

本プログラムではトレーナーの経験が長く、様ざまな分野の優れた専門家が指導に当たります。また、レッスンはすべて日本語の通訳がつきます。※教育スタッフは変更の可能性があります。

ルーティ・バー(教育ディレクター、トレーナー)

フランク・ワイルドマン博士

 本プログラムの最高責任者。

エルサレムでダンスと音楽の専門教育を受けたのち、ボストンのレスリー大学のムーブメントセラピー学部で修士号を取得。若いころモーシェから個人レッスンを受ける幸運に恵まれ、それを機に1984年テルアヴィブでの最初のフェルデンクライストレーニングコースに参加。現在イスラエル、ギリシャのトレーニングコースをはじめ欧米各地及び日本で指導。フェルデンクライスのシニアトレーナーである ルーシー・アロン Ph.D と25年以上ともにトレーニングコースで教える。2005年 ボーンズフォーライフ トレーナーとしても来日。

ペトラ・コッシュ:理学療法士(トレーナー)

ダナ・ブランク

アマースト トレーニングコース卒業後、ドイツで障害を持つ子供との長年にわたるワーク経験を持ちハヴァ・シェルハヴ Ph.Dともチームの一員として20年余活動。現在ドイツやニュージーランドでのトレーニングコースの教育ディレクターとして、またヨーロッパ、オーストラリア、日本等でもトレーナーとして活躍中。

アライサ・スチュアート:コンサート ピアニスト(トレーナー)

クリス・ランバート

トレーナーとして欧米各地で数々のトレーニングコースやジョンズ ホプキンス大学、メリーランド医科大学などで医療関係者向けのワークショップで活躍するかたわら、元コンサートピアニストとしてジュリアード音楽院、ウィーン大学音楽科、またミュージックフェスティバルで国際的に名高いミュージシャンやアーティストなどに教える。

ステファン・ローゼンホルツ博士(トレーナー)

ハーバード大学、スタンフォード大学にて教育学を専攻し博士号を取得。モーシェ・フェルデンクライスのアマースト・トレーニングコースを卒業。ミュージシャンとしての経験を生かし、動物の動きを取り入れた子供用のDVDを製作。現在教育ディレクターとしてドイツ・スイス及びメキシコで教えている。

ロビー・オフィアー博士(トレーナー)

ロビー・オフィアー博士

 行動科学博士(Ph. D.)、理学療法修士(M. A.)。長年理学療法の専門家として臨床経験を積み上げ、脳障害やトラウマを抱えた兵士へのリハビリ研究チームのリーダーとして、またニューヨーク大学、コロンビア大学での講師としても活躍。

藤井 里佳(アシスタントトレーナー)

 

2000年東京FPTP卒業。2003年~2006年ニューヨークⅡFPTPに参加。2007年京都FPTP2011年京都FPTPⅡを主宰。2005Ruthy Alonによる日本初のBones for Lifeトレーニングコースを主宰し現在日本代表として後進の指導に当たる。20094月、日本初のフェルデンクライス アシスタントトレーナーとなる。現在関西を中心にグループ、個人を指導。健康運動指導士。

教育スタッフは変更の可能性があります。

Bones for Life

(株)日本ソマティックライフ

住所: 〒532-0003
大阪市淀川区宮原
          4-5-22-1103
TEL:06-7492-0140
FAX:06-7492-0169
mail : nsl@gaia.eonet.ne.jp