不可能を可能に、可能を容易に、容易を優雅に

プログラムの内容

プログラムの構成

・すべてのレッスンは日本語の通訳がついて行われます。

・指導者養成プログラムの期間は、全プログラム終了まで4年間 160日(年間40日)です。

・年間3つのセグメントが開催されます。(各セグメントは10-18日間)

・スケジュールは、基本的に休日を含んだ期間です。仕事を持つ人にも休みを取りやすい時期(年末-正月、GW、お盆)を選んでいます。

・プログラムへの登録が遅れた場合でも、集中的な補講により遅れを取り戻すことができます。

・クラスは、レッスン、講義、ディスカッションなどによって構成され、他を意識することなく自分のペースで体験的・探求的に進められます。

・尚、プログラム修了時には、オーストラリアのフェルデンクライス・メソッド教育者資格認定機関【Aus TAB】によって、フェルデンクライス指導者(プラクティショナー)の資格が国際ライセンスとして認定されます。

レッスンについて

ATM (Awareness Through Movement)のレッスンはグループで行います。子供時代の自由な学びや、人類の進化の過程などをもう一度たどりながら、身体全体の関節や筋肉を使って動かす、何百種類ものレッスンから構成されています。 ペアになることや、小グループで行うこともあります。そのほとんどがフェルデンクライス博士によって創案されたものです。

あらかじめポーズやスタイルを目で見て動くのではなく、必要なことは。目を閉じトレーナーの言葉による指示を耳で聞いて、動きをイメージし、ゆっくり集中して自分にとって最適な動きを模索します。

一般の常識とは逆でゆっくり小さく心地よく動けば動くほど、脳はリラックスして学びは大きくなります。“Do less, gain more.”

FI(Functional Intergration)は個人レッスンです。神経システム上の、あるいは心身の特別な問題やニーズに対処するために考案された、手による他者へのアプローチです。生徒は個々に対応した教育を受け、また他の生徒と共に行う場合は、教育スタッフの指導のもとで行われます。4年目には詳細なフィードバックを受けながら、FIレッスンを学びます。

FI は低いテーブルに横になったり座ったり、プラクティショナーは優しくあなたをいろいろな方向に動かします。それにより①潜在的なストレスや非効率的な動きの癖に気づき、②心身の調和を図るより効率のよい方法を見つけます。FIはフェルデンクライスメソッドの切り札です。優秀なフェルデンクライスメソッドのプラクティショナーは動きに関する問題について素晴らしい洞察力のみならず、もっと重要な事はその解決法を脳の潜在意識から引き出す方法を知っています

学習の評価と卒業条件

指導者養成コースを受講中、生徒は定期的に教育ディレクターや他の講師陣と交流を持ち、学習についてのガイダンスを受けることができます。

 

卒業条件

1.京都指導者養成コース(FPTP)のすべてに参加して、4年間ATMFIの全過程を修了すること。

2.教育スタッフの評価に合格すること。(ただし、テストはありません。)

 

※コースの期間中に欠席された場合は、卒業までに指定の補講(下記、補講について参照)を受けるか、次期FPTP、あるいは他のトレーニングコース(日本以外で開催されるもの)で補う必要があります。

補講と欠席について

 生徒は卒業するまでの4年間で、1年で5日間4年で10日間までの休みが認められています。しかし、この日数を超えた受講生補講(有料)を受けて休みの遅れを取り戻す必要があります。また、規定の日数を大幅に越えて休んだ場合、4年後の次期FPTP(有料)で補う必要がある場合があります。

 1年目にクラスを欠席した受講生は、4年間の休みをなるべく少なくするために補講を受け、休んだ日数をゼロにしておくことをお勧めします。また、ヴィジターなど途中から参加された方は必ず受講してください。

 

※ 2009年4月、主催者 藤井里佳がアシスタント・トレーナーに昇格したため、セグメント期間外の補講の受講が可能となりました。

Bones for Life

(株)日本ソマティックライフ

住所: 〒532-0003
大阪市淀川区宮原4-5-22-1103
TEL:06-7492-0140
FAX:06-7492-0169

Mail : info@feldenkraiswest.jp